天井防音パネル製品

天井に設置する防音パネルです。 サイズは2種類で、それぞれ仕上げ有りと仕上げ無しのタイプがあります。

設置したい天井の大きさに合わせて製作します。

celing_001.jpg

​画像をスライドしてご覧ください。

●Aタイプ

【サイズ】
30.3cm/60.6cm

厚み: 約2センチ/重さ: 約2kg

【価格】
9枚セット(約1畳分)

・仕上げ無し: 45,900円(税抜き)

・仕上げ有り: 53,400円(税抜き)

※白、グレー以外の色も対応可

●Bタイプ
【サイズ】
45.5cm/45.5cm

厚み: 約2センチ/重さ: 約2kg

【価格】
8枚セット(約1畳分)

・仕上げ無し: 45,900円(税抜き)

・仕上げ有り: 53,400円(税抜き)

※白、グレー以外の色も対応可

●制作期間

3〜5週間程度(目安)

制作期間は受注状況により変わります。お見積もりの際に正確な納期をお伝えします。

【製品説明】

・お客様にDIYで設置していただく製品です。
・天井からの音漏れ、騒音を軽減します。
・遮音、制振、防振がメインの防音パネルで、防音工事の技術を活かした製品です。
・パネルのみでの対策方法とパネルに防音素材を合わせた(性能アップする)対策方法があります。
・パネルの上に合板を貼ってクロス仕上げなどができます。
・天井全体の設置で大きさの合わないところは、オーダー製作いたします。

※製品は常に改良をしていますので、画像と異なる場合もございます。

※設置できる天井について

この製品が設置できるタイプの天井と、設置できないタイプの天井については、ページ下部の注意事項をご覧ください。

防音パネルの構造と設置について

arrange_001.jpg

■防音パネルの構造

パネルは、遮音材、制振材、振動吸収材を組み合わせています。 特殊な構造で、遮音材の持つ防振性能を引き上げています。

■設置の計測方法

お問い合わせ後に計測する場所を指定いたします。 計測後に設置方法を決定して、A、Bどちらのパネルにするかを決めます。

■設置方法

既存天井の下地にビス留めする方法と、ビスを使わずに両面テープとボンドの併用で設置する方法があります。 どちらの方法も、購入者のお宅に合わせた個別の説明書を作成します。

DIYアレンジ

・パネルの上に合板を貼ることができるので、クロス仕上げや市販の天井材などで仕上げをすることができます。

・パネル枠にテープを貼ったり、ペンキを塗ったり、フェルト部分を生地で覆うことができるので、自分好みにアレンジできます。(仕上げ無しのパネル)

・別売りの防音素材などと組み合わせて性能アップができます。 性能アップは、パネル設置前と設置後で行う方法があります。

■注意事項

・パネルの大きさは設置方法により決まります。
・ビス留めで設置するには電動ドライバーが必要になります。
・技術的、予算的にご自身でのパネル設置が難しいと思う方は、防音素材で対策する方法もありますのでご相談ください。
・既存天井のパテ処理やパネル自体のごく僅かな反りにより、パネル繋ぎ目部分に僅かな段差や隙間が出る場合があります。(性能アップや隙間埋めで対処できます)
・マンションの騒音対策では充分な検討が必要になるので、お問い合わせ時にご説明しますので、ご理解の上でご購入をご検討ください。

●この製品が設置できるタイプの天井
・下地が軽量鉄骨で出来ている石膏ボードの天井
・下地が木材で出来ている石膏ボードの天井

​・コンクリート直の天井

​●設置ができないタイプの天井
・天井の石膏ボードが割れているまたは穴があいている

・クロス(壁紙)が剥がれたり浮いたりしている天井
・和室などの薄い板貼りの天井

・雨漏りで濡れた痕跡がある天井

・ダウンライトがある天井(効果が大きく落ちてしまうため)

・珪藻土仕上げなどデコボコした天井
・天井が垂れ下がっていて湾曲している天井

ng_celing.jpg